(株)流通情報企画様の日本酒総合研究会にお招き頂きました。

〈令和の日本酒〉
その発展方向を考える




1.変転する“ブームの酒“の果てに成熟市場がやってきた

2.日本酒は酒の王座から退いたが、“品格“は玉座にある

3.“地酒“イコール“日本酒“への新しい常識

4.日本の酒から、世界のSAKEへ グローバル化への反攻

5世界的クラフト酒トレンドと、クラフトSAKE

6.過剰な(?)商品創造 酒質・製法&商品化・・ネーミング

7.量販VS専門店に斬り込んだネット通販

8.リアルに迫るヴァーチャル・マーケティング

9.“せんべろ“人気の裏に可処分所得の停滞

10.酔わずに愛して…ローアル&ノンアル志向

これらの議題を当グループ総店主 野崎が全国のお蔵様と同じ卓を囲み、『製造元』『流通』『小売』『飲食店』の様々な視点から〈これからの令和の日本酒〉に関して意見交換をして参りました。

ご参加頂いた各お蔵元様、並びに(株)流通情報企画小島様、松崎晴雄様。

貴重な機会、お時間を頂き有難うございました。

  • Recent Posts

  • Archives

  • Categories